ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルームロゴ

JH1IFZ Portable One 2020 BLOG

 

Portable2020
前年へのジャンプボタン 次年へのジャンプボタン

最新は上,過去は下にあり
記事内は 前の記事へ 次の記事へ でも移動可能
年の切替は右上の次ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

メッセージは   Go to WebQSORoom


筆遊び(ふですさび)・・・Twitter、Facebook はやらない! Line も Instagram も大嫌い


IC-705ヘッドセット 年の初めへ前の記事へ 2020.08.06 次の記事へ最新の記事へ

IC-705ヘッドセット

IC-705ヘッドセット

似て非なる ヘッドセット IC-705に適した品は
 右は先に購入した「 TTMOW 5.0 bluetooth イヤホン 」、左は今回購入した「【2020進化型 Bluetooth 5.1】Bluetooth ヘッドセット 16時間連続使用 ノイズキャンセリング ミュート機能 Type-C充電 収納ボックス付 Conambo」。コッチノほうがいいかも?!ということでIC-705用に購入したのですが、、、ダメでした。 理由(1)USB type-C コネクタは付いていてもPD非対応で付属のUSB Aケーブルからしか充電しない。(2)しかも、コネクタカバーが邪魔で差しづらい。(3)ミュートボタン(STBY SW)送受切替はできても、1秒以上押し続けないと切り替わらない。(4)しかも、ボタンは押しづらい。

雷センサー6  年の初めへ前の記事へ 2020.08.01 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

雷検出自動アンテナ切離システム
 雷センサー自動アンテナ切離しシステムも出来上がってきたので、忘れないうちに記事を書き始めました。はじめての Arduino なので慣れるのに少し時間がかかりましたが、ようやく、これは楽だ!楽しい!になってきました。
 記事はこちらをご覧ください。まだ、書きかけですが。

雷センサー5  年の初めへ前の記事へ 2020.07.30 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

雷検出自動アンテナ切離システム
 雷センサー自動アンテナ切離しシステムが完成しました。雷を検出すると、アンテナ切断警報を発した後、プラケース内のリレーが自動で同軸ケーブルの心線、外皮とも完全にを切り離します。(完全に切り離しているとはいえリレーですので耐圧は1kVもありません)雷を検出している間、アンテナの遮断は継続し、最後の雷検出から30分(変更可能)経過するとアンテナの接続は自動復帰します。AC電源リレーとの連携も可能です。(無線機はアースしない)

EZ7412S  年の初めへ前の記事へ 2020.07.29 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

Panasonic EZ7412S 電動ドライバ
 PanasonicのEZ7412S電動ドライバー(写真中)を購入しました。写真上のEZ6120の後継機種なのですが、VESSELの220USB-5(写真下)と利用対象は同じだと思います。VESSELよりスイッチが使いやすいのと、ブレーキ・ロックもいい感じです。穴あけや強いネジ締めにはいいのですが私の用途では強すぎます。まだ当分、EZ6120の出番が続きそうです。

Arduino  年の初めへ前の記事へ 2020.07.28 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

Arduinoを使って雷センサを作っていますが
 Arduino はご承知の通りオープンのハードウェアであり、ライブラリも git ハブで公開されています。正規のAruduino UNO(写真右端) は、秋月電子では1台 ¥2,940、RSで¥2,339 ですが、コンパチ品ならば秋葉原で800円とか450円で入手できます。写真は右からその3台を順に並べた状態です。どれも純正のIDE(開発環境)で使用可能でした。右2つはシリアル通信のチップが同じで、シリアルポートは COM4(Arduino Uno) などと表示されますが、左の表面実装のUNOは、COM7 とだけで(Arduino Uno)は表示されません。Windowsではデバイスマネージャーのポート(COM と LPT)で USB-SERIAL CH340(COM7) を確認する必要があります。

雷センサー4 年の初めへ前の記事へ 2020.07.27 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

Arduino雷センサも完成に近づきました
 収納するケースに雷センサ・Arduino基板実装し動作確認しました。 ノイズ検出や、妨害波(遠雷)、雷検出回数カウンタも実装しました。遠雷で青色LEDが点滅し短くブザーが鳴ります。近雷で赤色LEDが点滅し長くブザーが鳴り距離も表示します。この時一定時間アンテナを切り離します(予定)

Arduino雷センサー3 年の初めへ前の記事へ 2020.07.26 次の記事へ最新の記事へ

雷センサArduinoユニット

雷センサArduinoユニット

アンテナ切離しも目途が立ったので
 雷センサ・Arduino基板を収納するケースを作っています。プログラムのほうもArduinoUNOの理解が少し出来てきてなんとかなりそうです。当初はPICで行こうかと考えていましたが中華UNOの基板が安いのでこのままArduinoを使う事にしました。ケースに開けたコネクタの穴は、左からUSB,アンテナリレー制御、電源9Vです。

Arduino雷センサー2 年の初めへ前の記事へ 2020.07.24 次の記事へ最新の記事へ

雷センサアンテナ切離しリレー

雷センサアンテナ切離しリレー

雷センサーからの信号をArduinoで
 アンテナを自動的に切り離すユニットを作りました。GNDラインも切離してリグ側の心線は外皮へ短絡、アンテナ側は開放するようにしています。急ぎ作ってダミーロードとSWRメータに繋いでみました。430でSWR1.0、感度を最大に上げても反射波は検出できませんでした。このあとスペアナで測定してみようと思っています。

Arduino雷センサー 年の初めへ前の記事へ 2020.07.18 次の記事へ最新の記事へ

雷センサ

雷センサ

Arduinoで雷センサーを動かしてみました
 秋月電子に雷センサーがあったので、雷が鳴ったらリグからアンテナを切り離す装置を作ろうかと考えています。秋月のWebページにサンプルプログラムの掲載がありArduino用でしたので試しに動かしました。当初はPICで作ろうと思っていたのですが、Arduinoは楽ですね。オープンアーキテクチャなのでベースのボードも安価なコンパチブル品が使えますし。

Vivi USAの修理 年の初めへ前の記事へ 2020.07.15 次の記事へ最新の記事へ

ViviUSAスイッチ部ViviUSAスイッチ部
ViviUSAスイッチ部

ViviUSAスイッチ部ViviUSAスイッチ部
ViviUSAスイッチ部

2002年発売の電動アシスト自転車
 Panasonic製折畳電動アシスト自転車Vivi USAですが、NiーMHからLi-ionと何回もバッテリー換装し乗り続けています。
 バッテリー換装の様子は こちらをご覧ください。 しかし、長いあいだ風雨に曝されてスイッチ部分がひび割れし浸水、、、という状況が発生、プラ板を張り替えました。内部丸見えですが、これでもうしばらく乗れそうです。!!隠れスイッチみつけた!!ライトだな?

サンジソウ 年の初めへ前の記事へ 2020.07.12 次の記事へ最新の記事へ

サンジソウ

サンジソウ

午後3時になると咲く花
 XYLが「雑草みたいだけれど、どんな花を付けるのか待ってみましょう」可憐なピンクの花が咲きました。WEBで調べると「ハゼラン(爆蘭)という寒さに弱いが多年草、別名サンジソウといって3時頃咲き夜には花を閉じる、丈夫でよく増えるため厄介な雑草ともされる( hananani.com より引用 )」とありました。
 花言葉「永遠にあなたのもの」を、香港の自由を守ってきた人、そしてこれからも守ろうとしている若者に送ります。

極小スペースラボ年の初めへ前の記事へ 2020.07.10 次の記事へ最新の記事へ

バッテリー内蔵ポケットオシロ

バッテリー内蔵ポケットオシロ

ちょっと、ここで、直ぐに調べたいという時
 オシロスコープのある所へ行き、電源を入れて、、、ダミーロードも電圧電流も、、、。そんなとき、バッテリーで動作する超小型のオシロスコープは非常に便利で、テスターと同様、気軽に使えます。このオシロは、秋月電子でも販売されていますが、動作させるために別途電源が必要でしたので、リチウムイオン電池を組み込み、マイクロUSBから充電できるようにしてあります。詳細はこちらをご覧ください。

IC-705にBP-273 ? 年の初めへ前の記事へ 2020.07.09 次の記事へ最新の記事へ

IC-705にBP-273

IC-705にBP-273

IC-705にBP-273が使えるか?
  IC-705にBP-273が使えるか確認してみました。先人のWEB情報から「DCコン内蔵?送信不可」とありましたが、DCコンを外し単三リチウムイオンを入れればいいんじゃないというわけで分解してみましたが、止めました。詳細はこちらをご覧ください。

充電可能な CR123 年の初めへ前の記事へ 2020.07.08 次の記事へ最新の記事へ

充電可能な CR123

充電可能な CR123

以前から充電可能な CR123Aを探していました
  勤め人だったころ、夕方に職場で髯を剃る習慣がありました。勤務時間外の会合や、夜間の業務に出かけるためです。写真のシェーバーはコンパクトで手の中に収まり旅行でも便利なので常用するようになりました。しかし、バッテリーは3Vリチウム電池のCR123A(写真右端)です。一カ月以上もつとはいえ、消費量はばかになりません。そこで充電できるCR123を探したのですが、通常はリチウムイオンの3.7V品で、電圧が高すぎるのです。今回入手した品はリン酸鉄の3V品です。

小型パワーバンク 年の初めへ前の記事へ 2020.07.07 次の記事へ最新の記事へ

cheero Power Plus 5 Stick 5000mHh

cheero Power Plus 5 Stick 5000mHh

以前から気になっていたパワーバンク
 誘惑に負けて購入しました。5000mAhで容量はそう多くないのですが、携帯電話用だけでなくハンディー機に似合うし、IC-705にも・・・と思って入手・評価してみました。残容量%もいいしIC-705でも5Wなら使えます。注意点は過電流保護と電源ボタン押下後の動作です。くわしくはこちらの評価レポートをご覧ください。

レインボーブリッジ年の初めへ前の記事へ 2020.07.04 次の記事へ最新の記事へ

青に戻ったレインボーブリッジ

青に戻ったレインボーブリッジ

赤から七色そして青に戻ったレインボーブリッジ
 ですが、今は黄色?夜の街に暴走族出現で次はまた赤かな。まだまで続きそう、、、東海ハムの祭典に参加する予定なのですが、、、

IC-705のクーリング年の初めへ前の記事へ 2020.07.03 次の記事へ最新の記事へ

キーパドルの滑り止め

キーパドルの滑り止め

IC-705で10W送信を続けると
 HIGH TEMPの警告が出てパワーダウンするそうな、、、試してないのですが、それなら昔作ったファンをバッテリーパックに付けちゃえばいいのだろうか。。。
IC-705のバッテリーに関するページはこちらです

パドルの滑り止め 年の初めへ前の記事へ 2020.07.01 次の記事へ最新の記事へ

キーパドルの滑り止め

キーパドルの滑り止め

小さくて十分!キーパドルの滑り止め
 以前紹介した、「ミクロの穴の吸盤効果」の滑り止めシートは強力で、机の上ならこの大きさで十分でした。シートの残りをIC-705の上に張り付けておいたので、格好はちょっと良くないですが、何かとべんりです。移動先ではパドルだって固定できるし。

【Tips】

  あまりにも1ページが大きくなって、ロードに時間がかかるので分割しました。これ以前のページには 前の記事へ で移動できます。