ソミーの部屋(入口)メインタイトル標識

アマチュア無線ルームロゴ

Portable One 2024

 

2024
前年へのジャンプボタン 次年へのジャンプボタン

【最新は上,過去は下に】【記事移動は前の記事へ次の記事へ】【年切替は 次ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン
【ジャンル別の移動は]  前のコンピュータ記事へジャンプ次のコンピュータ記事へジャンプ    前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ  前の工作(DIY)記事へジャンプ次の工作記事へジャンプ   

私へのメールは
連絡先アドレス

ローカル局リンク

JA2HYD JA3KAB


筆遊び(ふですさび)・・・TikTok、Facebook、Instagram は使わない! Line は勿論つかわない

 

ラジコンサーボ ANTコントローラ 前の記事へ 02.23 次の記事へ

西洋の自死
 

 前回使用している 5.6GHz アンテナ制御のサーボコントローラが、ベランダ設置で実用になるかどうか、コントロールケーブルを10mに伸ばして運用してみました。使用したコントローラは3個で899円という更に安価な品でしたがOKでした。サーボは回転軸を下側にしてグリスを塗布し、ケーブル引出口に防水処理を施しました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




「西洋の自死」を購入前の記事へ 02.21 次の記事へ

西洋の自死 イスラム教再考
 

 この本は読んでおく必要があるなと感じて、電子本ではなく紙の本を購入しました。結構分厚いので気後れしてまだ数ページ!Hi 実は飯山陽の「イスラム教再考」(こちらは電子本で買いました)の冒頭には衝撃的な記述があります。日本の知識人と思われている人たちの言動です。いわゆるリベラル派と呼ばれている人、TVや新聞雑誌によく登場している人物の名前がたくさん挙げられています。そこで、この本も読んでおく必要があるなと感じたわけです。薬害エイズ事件では安部英氏を死へ追い込んだ某S氏は、出版した書を全て買い取り人の目に触れないようにしたと聞いています。いろいろな国のいろいろな人の話を聞く必要がありますね。
 ※※※ NAWALNY IST TOT ※※※ WEBでドイツのデモの写真を見ていて中学生の時に先生に教わったニーチェの GOTT IST TOT を思い出しました。




Star Link の現状 前の記事へ 02.20 次の記事へ

starLink starLink

 

 サービス開始から、最低でも10Mbps、最大50Mbps(8MbpsUpload)は出ています。北西方面しか空が開けていないところにアンテナをつけましたので1日のうち通信出来ない時間が数分存在しますが、令和6年2月現在、サービス開始直後より安定しています。費用を含めて考えても非常用としてのみならず常用として利用可能と判断しています。 Star Link に関する報告ページはこちらです。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




5.6GHz ANTコントローラ 前の記事へ 02.19 次の記事へ

 
 

 前回使った 5.6GHz アンテナ制御のサーボコントローラはアマゾンで1700円のものでしたが、安価な460円の品を購入しテストしました。特に問題なく使えました。というより、こちらの方がいいかも。前回使用した基板では、サーボ回転角が270度ほどあったので、ベランダ設置時は広すぎるのです。そこでVRの両端に半固定抵抗を付加して、180度になるようにしました。しかし、今回購入した基板ではサーボ回転角が180度なのでそのまま使えそうです。基板のタクトスイッチは、モード切替で、停止・スイング・VR設定です。消費電流は12mAでした。通常はVRでアンテナ方向を変え、スイングはサーチ動作に使えそうです。なお、モードスイッチの動作は類似の基板でも異なることが解りました。(ここ jh1ifz.com は広告とリンクして銭をかせぐサイトではありませんので、ここで紹介している品に興味のある方はWebで検索してください。SRI)

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




5.6GHz アンテナ製作中 前の記事へ 02.18 次の記事へ

5.6GHz アンテナ製作 5.6GHz アンテナ製作

※※※ロウ付け直後と仮設機 ※※※ 

 

 西ハムに持ち込む 5.6GHz アンテナ を少量作っています。先ずは、アルムパイプをパイプカッターで切断して、1mm厚のアルミ板からバンドソーを使って円板を切り出し、パイプと円板をロウ付けしました。完成品はこんな感じを目指します。西ハムには2台持ち込むつもりです。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




Whole House Fan 前の記事へ 02.17 次の記事へ

Whole House Fan H3の打ち上げ

※※※ H3 打ち上げ成功! ※※※ 

 

 小屋裏にあった Whole House Fan を廃棄するため駐車場に下ろしました。40年間ご苦労様でした。地震に備えて小屋裏の荷物も整理しようと思って始めました。今日はH3の打ち上げが成功しました。JAXAの皆さまお疲れさまでした。(写真はJAXAのYouTubeチャネルより)

前の工作(DIY)記事へジャンプ次の工作記事へジャンプ 




RCサーボで5Gアンテナ制御 前の記事へ 02.16 次の記事へ

ラジコンサーボで5Gアンテナ ラジコンサーボで5Gアンテナを振る

※※※ NAWALNY IST TOT ※※※ 

 

 ベランダに仮設した5GHz帯のアンテナの方向を変える方法としてラジコン用のサーボが利用できると判ったのでコントローラ側の製作を始めました。この基板は出力がパラに出来るので、1台はアンテナを動かし、もう一台はコントローラの方向指示器とすることができます。マイクロUSBからの給電もできました。ボリウムの両端には半固定VRをつけて動作制限出来るようにしました。USB電源を利用していますので移動運用でも使用で、写真の18650パワーバンクで頻繁に動作させても数日は使用可能でした。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




LINEもTikTopも使えません 前の記事へ 02.15 次の記事へ

ラインロゴ  Tiktokロゴ

私はブログページ冒頭に宣言している通り、当初からSNS LINE も TikTok も使わないことにしています 

 

 私はどんなに知人・友人から誘われても、LINEは使いません。LINEは創設初期から情報漏洩の問題が続いており、サーバも韓国から日本国内に移すという話になっていましたが、どうなったのかよくわかりません。令和6年2月14日の報道では個人情報流出が新たに約7万9000件(今までの計52万件)とありました。問題があるのにも関わらず官公庁でも使用され続けている理由が判りません。
 Tiktokは中国のByteDanceが運営する動画に特化したSNSのようですが、TikTokはそのプライバシーポリシーにおいて、利用情報、IPアドレス、ユーザの携帯電話会社、固有のデバイス識別子、テキスト入力の履歴、位置情報などのデータを収集すると明記されている(Wikipediaより引用) 
 というわけで、LINEもTikTokは使えないのです。政府機関での利用を禁止している国もあります。まあ、SNSなどというのも訳の分からない人々の井戸端会議ですから参加する気は毛頭ありません。




テプラSR3900P修理 前の記事へ 02.14 次の記事へ

テプラSR3900P修理 テプラSR3900P修理

※※※ 2/10に修理できなかったSR3900Pですが、ようやく直りました※※※ 

 

 前回、2/10に修理できなかったSR3900Pが直りました。写真をクリックすると基板が拡大表示されます。電源基板のセラミックコンデンサが原因でした。電源基板を外す手技と、セラミックコンデンサの修理にはちょっとコツがありますので、詳細は「コンピュータ」のセクションに新たにページを作り、ここからリンクさせます。暫くお待ちください。

前のコンピュータ記事へジャンプ 次のコンピュータ記事へジャンプ 

ラジコンサーボで5Gアンテナ 前の記事へ 02.13 次の記事へ

ラジコンサーボで5Gアンテナ ラジコンサーボで5Gアンテナを振る

 

  ベランダに仮設した5GHz帯のアンテナの方向を変える方法としてラジコン用のサーボを関東UHFコンテストでtest運用してみました。ベランダにテープで留められる5Gのアンテナ。ボリウムで瞬時に方向が変えられ探すのもラクチンです。久しぶりにオンエア!3局と交信しました。この組み合わせは、ベランダ運用や山岳移動には最適かと。。。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




433.9MHz 前の記事へ 02.12 次の記事へ

IC-705と905のファン

※※※ 433.9MHz※※※ 

 

 433.00MHzをワッチしていると、頻繁に433.9MHz付近にバースト波が現れます。調べたところ、「タイヤ空気圧モニタ」や「リモートキーレスエントリ」が出す信号らしい事が解りました。小電力システムとして令和5年にはサーキットデザインがオブザーバーとして参加している情報通信審議会 情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 小電力システム作業班の議事録が公開されていますが、既に外国製の車に搭載されているシステムが無認可で動作しているという事でしょうか?それとも2次業務として認可されているのでしょうか。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




ラジコンサーボで 前の記事へ02.11次の記事へ

ラジコンサーボでアンテナ回転 ラジコンサーボでアンテナ回転

 

 ベランダに仮設した5GHz帯のアンテナの方向を変える方法としてラジコン用のサーボが使用きるか試しています。サーボモータコントロールケーブルを3mに延長したところ全く問題なく動作したので、さらに5mにしてみました。かなり細目の2芯シールドケーブルでも問題なく動作したので設置してみました。防水なんて気にもせずHi UHFコンテストで快適にQSO出来ました。Xにいつの間にかベランダがアンテナだらけになったと言われました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




軍人勅諭の碑 前の記事へ02.10次の記事へ

軍人勅諭の碑 横須賀mikasa

 

 神奈川歯科大学の敷地の中に、昭和初期に海軍工機学校のあったこの地に「軍人勅諭の碑」があります。横須賀中央駅からここに向かう途中には、歩道の上に覆いかぶさるような商店街の施設がありました。さらに先には、秋葉原にもあるCarl's Burgerもありました。




テプラ SR3900修理 前の記事へ02.10次の記事へ

IC-テプラ SR3900修理 IC-テプラ SR3900修理

    写真クリック で 印字状態を表示    

 

 斜めに白線が入ったので最初はヘッドの汚れかと思っていたテプラ SR3900でしたが、どうやら基板修理が必要なようで、、まずは、一番手軽に修理できる電源基板の怪しそうな10V47μのケミコンを交換しました。ESRは通常の2倍、これは我慢の範囲内でした。僅かな改善が認められた?程度

前のコンピュータ記事へジャンプ 次のコンピュータ記事へジャンプ 

IC-705と905のファン 前の記事へ02.09次の記事へ

IC-705と905のファン IC-705と905のファン

※※※ 2/9 横浜のハムランドに寄ってみました※※※ 

 

 C-705とIC-905のファンの西ハム向けチラシを作ってみました。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




西日本ハムフェア 前の記事へ02.08次の記事へ

西日本ハムフェア 5.6GHzの自作ホーン

※※※明日 2/9 横浜のハムランドに寄ってみようと思います※※※ 

 

 西日本ハムフェアに参加するための準備をしています。少量ですが「IC-905用クーリングファン」を発売記念特価で用意いたします。ICOM製IC-905/705スタンドに極薄ファンを2台組み込みました。USB-Aプラグから5Vを給電することで動作します。 IC-905コントローラは室温28℃で動作している時、ヒートシンクは CAUTION HOT SURFACE DO NOT TOUCH と注意書きがある通り47℃になります。室温30℃を越えるとヒートシンクは60℃を越えます。これは内部デバイスには危険な温度です。ファンを装着すれば手で触れることのできる37℃になります。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




Arduino IDE 前の記事へ02.07次の記事へ

 Arduino IDE 5.6GHzの自作ホーン

 

 雷見張番の改良を進めていたところ、雷をまったく検出しなくなってしまい、気落ちしてしばらくコーディングを休んでいました。 Arduino IDEのアップデータが公開されていたのでインストールしました。この間、3月の西ハム 出展準備をしていました。

前のコンピュータ記事へジャンプ 次のコンピュータ記事へジャンプ 

PowerPCのMacMini保守 前の記事へ02.05次の記事へ

横須賀どぶ板通り 5.6GHzの自作ホーン

 

 最近メンテナンスを怠っていたMacMiniと、このソミーの部屋のブログページの保守作業をやり始めました。古い PoerPCのMacMini は、ディスクを交換しファンにも油を差して、ローカルサーバとして生き残っています。「ソミーの部屋」はブログも含めて全てHTMLで記述してあるので、皆さんがお使いのブログサイトと違って保守が大変ですが、自由度は高く、いろいろな事ができますので、未だに手作業メンテナンスです。(下にあるジャンプ用のアイコンのリンクも今日2/8に修正しました)

前のコンピュータ記事へジャンプ 次のコンピュータ記事へジャンプ 

FMぱるるん 前の記事へ02.04次の記事へ

5.6GHzの自作ホーン

※※※ 1/25付でIC-905のファームウェアが Ver1.13 にアップデートされましたね※※※

 

 「FMぱるるん」の放送を聞いてくださって、jh1ifz.comをご覧いただいた皆様、ありがとうございました。今日、2月4日に「FMパルルン」の「beamantenna」でShop6502/JH1IFZ.COMへのインタビューが放送されました。「FMパルルン」って、意外にも(失礼)聴かれているんだ!
CQ誌にも1/2ページの広告を出したことがありましたが、発売日でもそれほど反応ははありませんでした。「FMぱるるん」はローカルFM局ではありますが、ネットで聴くこともでき、しかも過去の放送も聞けるので、これは広告媒体としてもいいかも。写真は放送終了10分後のGoogleアナリティクスの画面です。
 アナウンサーの水田さんが最後に曲の紹介で「ひょっこりひょうたん島」の(取材時の)ことをとりあげてくださいましたが、実はJH1BAN藤村有弘さんとよくQSOしていたことを話した中で「ひょっこりひょうたん島」が世代を超えた共通点になったのでした。今日、聴けなかったかたは、「FMぱるるん」ビームアンテナで過去の放送が聴けます。(2/5現在「shop6502 吉田氏」で 掲載されました)

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




横須賀散歩 前の記事へ01.27次の記事へ

在日米海軍施設 5.6GHzの自作ホーン

 

 横須賀の神奈川歯科大学へ行ってきました。写真は在日米海軍施設です。




塩山・勝沼ぶどう郷 前の記事へ01.28次の記事へ

勝沼ぶどう郷 5.6GHzの自作ホーン

 

 新横浜から塩山まで横浜線と中央線で行きました。塩山からは1時間ほど歩いて勝沼ぶどう郷へ。写真は友人宅近くの三光寺と大杉です。




電機大学跡地 前の記事へ01.24次の記事へ

電機大学跡地

 

 東京駅や二重橋のライトアップを撮影しようと思ったのですが、寒いのでオフィスの近所にある電機大学跡地に変更しました。Hi
右の通りの突き当りが、小川町です。




福浦岸壁 前の記事へ01.22次の記事へ

福浦岸壁 ソミー君のお墓

 

 ソミー君の眠っている横浜市大学付属病院近くの福浦岸壁を歩いてきました。コストコホールセールや鎌倉紅谷の工場があるところで、アウトレットショップもあります。一昨年の台風で壊れた岸壁は奇麗に修理されていました。




尖閣1945 前の記事へ01.20次の記事へ

尖閣1945

 

 先週購入した門田隆将氏著作の「尖閣1945」を今日、読了致しました。第二次世界大戦(大東亜戦争)戦後生まれのの私たちが受けた教育は良くも悪くも米国をはじめ戦勝国から多くの影響を受けています。日本なのに日本人が上陸できない尖閣諸島の扱いもその一つなのでしょうか。真実を探し続け、声を発し続けるのは大切な事だと思います。




清泉女学院 前の記事へ01.14次の記事へ

清泉女学院

 

 以前、文部省の教育用ソフトウェア開発の仕事をしていた折に何回かお邪魔したことがあった大船の山の上にある「清泉女学院」発祥の地の碑を、横須賀の神奈川歯科大学構内にあるのを見つけました。 ここへ来る途中、M16を携帯した日本人に、緑のラインからこちらは米軍基地だと注意されました。




西川電子部品閉店 前の記事へ01.13次の記事へ

西川電子部品閉店 西川電子部品閉店

 

 秋葉原で長らくお世話になった「西川電子部品」ネジ屋さんがついに昨年いっぱいで閉店しました。




雷見張番試験継続 前の記事へ01.12次の記事へ

雷見張番試験継続

 

 3台の雷見張番試験機を連続 動作させ、ノイズによる雷誤検出が起きないかどうか観察を続けています。Arduinoで秋月電子のAS3935使用 雷センサーモジュールにあった評価用でもソフトでは、家庭内の照明や器具のON-OFFで、誤検出が起きていましたが、ESP32を使用した現モデルでは、ソフトウェアを作り直した結果、10日間の連続運用尾でもノイズで雷誤検出が起きないようになりました。実験を継続します。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




煙が出た! 前の記事へ01.07次の記事へ

ESP32に12V 5.ESP32に12V

 

 誤ってESP32に12Vを接続してしまいました。一瞬、煙が出たので慌てて電源を引き抜きました。部屋には例の匂いが立ち込めましたが、ESP32ボードやAS3935雷センサー、LCDも耐えていました。5V接続で異状なく動作しました。よかった。

前のアマチュア無線記事へジャンプ次のアマチュア無線記事へジャンプ




ドブ板通り 前の記事へ01.06次の記事へ

横須賀どぶ板通り 5.6GHzの自作ホーン

 

 昼過ぎに「横須賀どぶ板通り」を散歩し、帰宅してから5.6GHzの自作ホーンを仮設置して実験を開始しました。IC-905のSWR計はなーんも振れないけれどうごくのかなー?




神田明神 前の記事へ01.04次の記事へ

神田明神 数寄屋橋

 

 数寄屋橋から神田へ向かいました。初詣は神田明神。でもこの時期混んでいるので、通りから参拝。この後、秋葉原へ、無線ショップは開いていましたがパーツショップはどこも休みなので、横浜へ戻りました。




2024 年賀状 前の記事へ01.01次の記事へ

2024年賀状

 

 新年明けましておめでとうございます 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 プログラム開発をしている間にもう正月も5日ななってしまいました。写真はESP32というBluetoothやWifi機能を搭載したマイクロコントローラにLCDを接続して、無線ネットワークから日付時刻を取得して表示しています。センサーが雷を検出するとアンテナケーブルの接続を遮断するコントローラを製作した時の開発機です。




【Tips】