ソミーの部屋アマチュア無線看板

コンピュータルーム標識

LogicoolFlowのトラブル解消


ページ 1 / 2
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

LogicoolFlowのトラブル解消

 便利なので手放せませんが、さんざん悩みました。
LogicoolFlowのトラブル解消決定版(かな)

 






発生していた問題とPC環境

紫外線測定器

【 問題の概要 】

紫外線測定器

 MacAirとWin10PC、合計3台でLogicool Option の Logicool Flow を有効にし、1台のマウス MX Anywhere 2S と キーボード K780 を共有している際に発生した不具合です。(1)マウスがPC間で移動できなくなる場合がある。(2)リンクキーボードをしていても自動的に切り替わらない場合がある。現在、大きな問題は2つに集約できます。

  
紫外線測定器

【 ハードウェア環境 】

紫外線測定器

(1) MacBookAir(11inch Mid2011 1.6 GHz Intel Core i5 4 GB 1333 MHz DDR3)
(2) Win10PC(core i7-7770 RAM 32GB ,2TB SSD x2) 1台と2枚のLCDディスプレイ
(3) Win10PC(core i7-3770 RAM 16GB ,4TB HDD )です。ワイドモニター
(4) マウスMX Anywhere 2S ファームウェア Ver. 13.00.0003
LANから光でインターネットに接続し、VPNで別のLANにも接続しています。

  
ソフトウェア環境と設定
MacAirSoft

【 MacBookAir 】

MacAirSoft

MacBookAir は古いので、macOS High Sierra ver.10.13.6 ,LogiOptions  Ver.8.20.233 、, McAfee リブセーフ Ver.: 4.8.0.0(747) ファイアウォール Ver.:4.8.0 (198) アプリケーション Logioption でWinPCをIP指定でブロック解除

Win10FW

【 Win10 PC 】

Win10FW

Windows 10 Pro Ver.2004 build 1904.572 , LogiOptions exe Ver8.30.310 , McAfee リブセーフ Ver.: 16.0 R28 ファイアウォール Ver.: 19.8.166 IP指定でMacAirのブロックを解除
もう1台は、Windows 10 Pro Ver.1909 build 18363.1171 , LogiOptions exe Ver8.30.310 、カスペルスキーインターネットセキュリティ ファイアウォールは規定のまま
K780キーボード設定では「上旬のファンクションきーとしてF1~F12を使用」にチェックを入れていた。

問題解決への取り組み

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

【PCとマウス・キーボードの接続方法】

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

 PCとマウス、キーボードの接続方法が2つあり
(1)Bluetooth(全3台のマシンでオン)
(2)Logicool Unifyingレシーバー(全3台のマシンに装着)

また、LogicoolFlowで、PC間の情報を伝える方法として、同じネットワークに接続している必要がありこれも2つ
(3)Ethenet cable 
(4)WiFi
これらの接続を全部繋いでアクティブにしていたが

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

【 対策0 アップデート 】

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

 先ずは、現在インストールしている Logicool Options をアンインストールして、再インストールします。以前はインストールなどの問題がありましたのでためらう事もありましたが、解決されているので再インストールすべきです。Macではアプリケーション→ユーティリティにアンインストーラがあります。また、OSもアップデートを完了させておきます。

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

【 対策1 ハードウェア接続 】

Unifyingレシーバー

 3台ともにWiFiを切り有線接続のみにした。全く異常なく使用できている. (全て解決した後、WiFiも再接続してテスト中です。)
 MacAirのLogicool Unifyingレシーバーを外したが異常なく、マウスはBluetoothで接続している。 Win10PCとは、どちらともBluetoothマウス共有出来ないので(BTは1対のみ) Win10PCの2台はUnifyingレシーバーで接続している。

Unifyingレシーバー

【 対策2 リンクキーボード設定 】

ハモンドの亜鉛ダイキャストケース

 K780のリンクキーボードを有効にしていたが、時々自動切替できずマウスも移動できなくなる。
 この時キーボードの接続を示すLEDが切り替わらないので判る。 これが発生すると、カーソルが境界を越えられず、マウスのボタンで接続するPCを切り替えなければならなくなる。 そこで、リンクキーボードの設定を切った。
 リンクキーボードが使えないと、K780キーボード上のボタン(1)(2)(3)を押してキーボードは手動切り替えになる。その場合、Windows標準のファンクションキーを使うようにK780を設定していると、上記のボタンはファンクションキー同時押下が必要となる。 そこで必要な標準ファンクションキーはプログラマブルキーボードで利用することにして、キーボードはオリジナルの Logicool設定(規定値)に戻した。

 それでも解決に至らなかったら
MacAirSoft

【 同じネットワークに接続しているか? 】

MacAirSoft

これはメーカの説明文にもありますが、PC間で連絡をとるのにLANを通じてやり取りします。LAN接続は必須です。有線とWiFiどちらでもいいですが片方だけのほうが良いようです。

Win10FW

【 OSのアップデートでMac/PC間の交信に支障がでる場合が 】

Win10FW

OSのアップデートがかかっていると、LogicoolFlowの画面で???になったままになります。この時はOSを再起動すれば直ります。

Win10FW

【 セキュリティソフトのファイアーウォールは? 】

Win10FW

Logicoo lOption をインストールすると、必要なポート設定などされるのですが、セキュリティーソフトによっては手動で対策をする必要が出てきます。McAfeeではIP指定で、ブロック解除の設定をする必要がありました。カスペルスキーでは不要でした。

Win10FW

【 3台リンク、うち1台が寝ている時 】

Win10FW

 Mac/PC 3台をリンクしているのに、1台がスリープ状態になっている場合、マウスカーソルを抱えたまま寝ていれば、マウスのEasy-Switchボタンを使って手動で戻さねばなりませんし、リンクキーボードとの同期がずれるので、何回かボタンとマウスカーソルを移動していればそのうちなんとかなる!しかし、、、

Easy-Switch

【 リンクキーボードの扱い 】

Easy-Switch

 Logicool Easy-Switch™ テクノロジー というのは、キーボードにあるスイッチで、3台のPC/MACを切り替える仕組みですが、これとPC/MAC間でカーソル移動ができるLogicoolFlowを連動可能にしたのが、通信にLANを使Flowのリンクキーボードです。しかし、これはまだ問題含み仕組み(IFZ評価)で、状況により連動が切れたり、マウスカーソル移動が制限されることがあります。どうしても必要な時以外は「リンクキーボード」は無効にすると、LogicoolFlowが快適に動くようになり、スリープしている場合の問題もこれで解決します。

LogiMgr 8.30.293

【 LogiMgr 8.30.293 】

LogiMgr 8.30.293

 LogiMgr installer 8.30.293 が本日10月29日にリリースされましたので、リンクキーボードの問題が解決されたかもしれません。!!ダメでした。キーストロークも英語キーボード対応のまま!!

Easy-SwitchEasy-Switch

【 リンクキーボードの同期 】

Easy-SwitchEasy-Switch

 それでもリンクキーボードで、マウスカーソルがあるPC/Macにキーボードが自動的に接続しなくなることがあります。その代表がマウスやキーボードのEasy-Switchで人為的に接続先を異なるPC/Macに切り替えた場合です。まあ言って見れば、「人間がリンクキーボードの同期を切るわけです」から、その後リンクキーボードが機能しなくなっても当然?! これを直すには、もう一度両方のEasy-Switchを押して同期状態にしてやればいいわけです。Hi

Easy-Switch

【 追加情報 】

Easy-Switch

 もう1か所、問題かな?を見つけました。「Windowsの設定」➡「ネットワークとインターネット」➡「Wi-Fi」➡ Wi-Fiオンのすぐ下「xxx接続済み、セキュリティ保護有」➡「ネットワーク プロファイル」の設定で 〇プライベート に ● マークされているか確認してください。ここは1台だけ見落としていました。時折不調になっていたのは、①OSアップデート ②Macの固定IPアドレスがDHCP他機と重なった時があった ③そして本件でした。


【Tips】

【Unifyingレシーバーはノイズに弱いみたい】
【BIOSレベルの操作にはUSBマウスとキーボードが必須!】

(1)Unifyingレシーバーはマウスから少し離れただけでも接続が切れるので机の上下でも1mほどにしています。

(2)Webの情報は、テスト環境の定義が甘く問題解決にならない例が多い。

(3)今でこそLogicoolOptionも改善されてきましたが、以前はインストールが出来ないなど、問題だらけでした。

(4)ワイヤレスキーボードやマウスは便利ですが、ドライバー読み込み前の状態(BIOS,UEFI画面など)で操作する場合は、USB接続のマウスとキーボードが必須になります。OSが起動しないような状況ではこの2つを接続する必要がありますので捨てないように!。


ページ 1 / 2
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン