ソミーの部屋アマチュア無線看板

ELECJET APOLLO Travellerの評価と修理


ページ 8 / 9
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

 アマチュア無線用途に適したUSB type-C PD 電源 として購入したELECJET APOLLO Travellerでしたが、数時間で使用不能になりましたので分解・評価しました。

 






ELECJET APOLO Traveller 5000mAh 18.5Wh

ELECJET APOLO Traveller 5000mAh

【 先ずはこの品の仕様と故障状況 】

ELECJET APOLO Traveller 5000mAh

 ELECJET APOLO Traveller 5000mAh 18.5Wh
出力 : DC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A
サイズ: 145x 72x 11mm
重量: 194g

(1)USB type-C PD 出力なし
(2)USB-A 出力なし
(3)USB-C type-C PD 充電不可(1日継続するも充電せず)
(4)LEDは一瞬点灯する事あり

 格好はいいんですがねー。特に無理な使い方をしたこともなく、普通に充放電を2回しただけです。壊れました、充電できません。

  
ELECJET APOLO Traveller 5000mAhをばらす

ELECJET APOLO Traveller 500mAhをばらす

ELECJET APOLO Traveller 500mAhをばらす

【 ケースはしっかり接着されています 】

ELECJET APOLO Traveller 500mAhをばらす

 その昔、Mac Miniで使ったヘラを叩き込み、はめ込みを外しながら接着剤を少しずつはがしていきます。奇麗に剥がせればバッテリーを交換して使おうかと。。。 できました!

 

ELECJET APOLO Traveller 5000mAhの内部構造

ELECJET APOLO Traveller 500mAhの内部構造

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

【 シリコン接着剤でしっかりベタベタ 】

ELECJET APOLO Traveller 500mAhの内部構造

 ELECJET APOLO Traveller 5000mAh <左をクリックすると、この品を評価している台湾のサイトが別ウィンドウで開きます

例によってパウチタイプの怪しげなバッテリー、、、ラジコン用でよく見るタイプのバッテリーと基板が、シリコン系の接着剤で固定されていました。
※電圧を測定してみたら2.86V、、放電下限で保護基板がストップしたまま充電を開始できないようです。何時間計測しても充電は不可でした。ですからばらしたのですが

基板は正常、不良個所はバッテリー本体と睨んで

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

【Panasonic 42000mAhの品に交換しました】

AUKEY 63W Dual-Port PD Eall Charger

 手元にあったPanasonicの NCA5960 42000mAh と交換しました。
 交換したLi-ionバッテリーでは正常に充電開始・終了出来たところから推測すると、オリジナルのバッテリーが規定放電電圧以下になり、通常トリクル充電で充電開始電圧まで充電しそこから急速充電を開始するのですが、このシーケンスが実行できなかったようです。その意味では基板の設計不良ともいえるのではないでしょうか。

バッテリーをPanasonicのLi-ion に換装した品の充電

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

【オリジナルの急速充電にはバッテリーが耐えられない】

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

 上の写真のように出力は正常にでているので良いのですが、USB type-C PD対応の充電器を使用すると、20V 1.4A で充電するのでバッテリー側は7Aでの充電になってしまいます。これでは普通のLi-ionセルはもたないのでUSB-Aから充電する(写真下)ことにします。この場合は 5V 1A ほどで、バッテリー側では規格内の値での充電になります。 つまり、充電時さえ気を付ければこのパワーバンク(ケース)は使えそうです。 やったね!

(1)5,9,12,15,20V全電圧出力正常
(2)12V 3A にて正常出力確認(長時間継続は未確認)
(3)換装したバッテリーはUSB type-C PD で 5V 約1A 2時間で充電完了しました。

不良化した Graphene Composite バッテリーについて

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

【オリジナルのバッテリーはNESC8565105】

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

PanasonicのLi-ion に換装した品の充電

 バッテリーのレーザ刻印から、NESC8565105 という名称がわかります。Webで検索するとこのバッテリーを使用している ELECJET がヒットします。かなり詳しい記事がありますが、製品を分解して解析している様子はなく、メーカサイドの情報か、宣伝記事かと思われます。問題を指摘するような記述は見つけられませんでした。また、このバッテリー品番を使った他の製品も見つけられませんでした。
 バッテリー単体を外部電源で充電すると、普通のLi-ionとは違った反応がありました。2.8Vからの充電初期では、まるでショート状態であるかのように電圧をほんの僅か上げただけで数Aの電流が流れる状態でした。また2.5Aに電流制限して3.2Vまで充電した状態で停止し、30分ほどしてから充電を再開してみたのですが、再開時の電圧は充電を終えたときの電圧より少し高かった気がしました。充電を継続すると、充電初期のような急激な電流増加はなく、普通のLi-ionのように振舞いました。充電末期は3.7Vほどで、その後しばらく置くと3.62Vに収まりました。


【Tips】結果

ELECJET APOLO Traveller 5000mAhのバッテリー換装結果

【 充電結果と評価 】

ELECJET APOLO Traveller 5000mAhの換装結果

 換装したバッテリーの充電終了時には電流0.0mAで4586mAhと表示されましたので、正常に充電を完了したとおもわれます。
 今から思えば、名前からしてちょっと怪しい品でした。内蔵のバッテリーは、ジャンプケーブル、車のセルスターター用の物のようです。特に無理な使い方をしたわけでもなく、普通に充放電を2回しただけで充電不能となりました。ポケットに1回いれて使用しただけで、旅先で使う暇もありませんでした。この品の購入はお勧めできません。
 あ、バッテリーを7並列くらいにして基板だけ使うという手もある?!