ソミーの部屋アマチュア無線看板

コンピュータルーム標識

LogicoolFlowのトラブル


ページ 4 / 4
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン

LogicoolFlowのトラブルが続く

 便利なので手放せませんが、LogicoolFlow問題悩みます。
解決したと思ってもOSやLogicool Optinonのアップデートで再発したら

 





発生していた問題とPC環境

使用環境

【 問題発生時の状況 】

使用環境

 Win10Pro PC 2台 + M1 MacBookAir 合計3台接続にて、Win10側からMac側へカーソルは移動するが、MacからWin10側には”裏技を使わないと”カーソルが戻らない状況した。PCではMcAfeeがMacではKaspelskyが動作していますのでこれらがブロックしているのかと悩みましたが、Logicool Flow が使用している既定のポートさえ通していればここは問題なし(と判断)。LAN接続とWiFiもLogicoolの指定どおり、同じネットワークに接続されていれば良し。(とする)という、一応Logicool Flowがなんとか動作している環境で、Logicool Optionをアップデートするとどうなるか記録しました。

  
Logicool Optionをアップデートするとどうなるか
Logicool Option update

【 2021.05.17 Logicool Option Update 】

Logicool Option update

M1 MacBookAir MacOS Big Sur に Logicool Option のアップデート通知がきました。 
 新バージョンは、8.54.147 です。

Win10PC側の Logicool Optionは バージョン8.54.106 は最新バージョンですので変更なし。
 

  
Logicool Option update

【 使用中のバージョンを確認すると】

Logicool Option updatet

現在使用中のMacBookAirの Logicool Optionは バージョン8.50.210 でした。これをアップデートします。
 ※ Logicool Flow では、リンクキーボードをオンにしてあります。(これは問題を複雑化する要因でした)  

Logicool Option をアップデートした直後は
Logicool Flow 裏技

【 まったくLogocool Flow が動作せず 】

Logicool Flow 裏技

 何か変更をしたときは、それがシステムに反映されるのは何時なのか?結局、全機、3台をリブートすることになります。そうしたら、一応、動作しましたが、なんか変、、、PCもMacも、自分がどういう状態に置かれているか、マウスやキーボードはどれに繋がれているか起動当初はわからないようです。そこで、マウスやキーボードの Easy Switch も動員しながら、「お前は、これだよ」みたいにマウスカーソルを動かしながら教え込んでやる必要があるようです。(という場合もあるということで、いつもではありません)

 Logicool Flow の動作確認方法
Logicool Flow 裏技

【 Logocool Flow を教育する? 】

Logicool Flow 裏技

(1)各機で Logicool Flow アプリケーションて確認する。
(2)Winならタスクバー、Macならメニューバー表示のLogicoolのマウスアイコンで確認する。
(3)MX Anywere2s のマウス裏側のLEDで確認する。
(4)Logicool のキーボードの Easy-Switch の LED で確認する。
(1)はテスト時に全台を確認することはできますが、常用には適しません。
(2)でも確認できますが、変更指示はできません。
(3)は、マウスの接続先の確認と修正が可能です。
(4)も、キーボードの接続先の確認と修正が可能です。

リンクキーボードがオンになっているかどうかで、マウスの動きも異なってきます。リンクキーボードオンの場合は、マウスポインタの位置をキーボードにも「今、俺はここで仕事してるんだ!」と教える必要が出てくる場合があります。ここが上手くいかないと、マウスポインタ―が画面境界で停止する原因のひとつになります。もし、同期していない場合、キーボードとマウスと同期を、(4)でとるのが今のところ最善策!かな M1 MacAir(ARM Win10 ウィンドゥモード) でも Logicool Flow が動きましたが、MacBookAirへキーボード接続は不要なので切りました。

 Logitech-HIDClass
Logitech-HIDClass

【 Windows Update に登場するドライバ 】

Logitech-HIDClass

Windows Update に登場するドライバー Logitech-HIDClass - 1.10.79.0 、2台のWin10PCのうち1台はインストール済みでした。もう一台はオプションのドライバー更新プログラム(入れるといい事あるかもプログラム?)として表示されていましたのでインストールしました。
 これって何者?ってわけで調べると、「Microsoft Update カタログ」
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=windows%2010%20download
の中に、「Logitech-HIDClass - 1.10.91.0」が見つかりました。 ..... 入れてないけど! (日本向けは1.10.79.0 ?)

 MX Anywhere ファームウェア
Logitech-HIDClass

【 MX Anywhere ファームウェア 】

Logitech-HIDClass

実は MX Anywhereマウスは、3台保有しています。購入順に、Anywhere2S(青)、Anywhere3(黒)、Anywhere2S(黒)です。 この3つのマウスで、動作が微妙に異なります。ファームウェアは最新(のはず)で、

MX Anywhere2S(青)Firmware Ver. 013.000.00003
MX Anywhere3(黒) Firmware Ver. 024.000.00014
MX Anywhere2S(黒)Firmware Ver. 013.000.00003

 具体的には、2S(青)では、Win10間で、カーソルが一時停止するのですが、2S(黒)と 3(黒)では比較的滑らかに繋がります。


【Tips】

【 これで解決しますように! 】

 2021.05.18 現在、2台の拡張ディスプレイを接続したWin10PCと、VPN接続しているWin10PC,それと Parallels Desktop でMacOSとARM版のWin10が動作している M1 MacBookAirの合計4面のディスプレイ上でLogicool Flow が快調に動作しています。  


ページ 4 / 4
前ページへのジャンプボタン 次ページへのジャンプボタン